HOME > 家電・AV・カメラ > iPhone > iPhone3GSのバッテリーの減りがやたら早い原因が解決 原因は契約切れのSIM



iPhone3GSのバッテリーの減りがやたら早い原因が解決 原因は契約切れのSIM

2012年7月2日 | カテゴリー: iPhone | タグ : ,

Pocket

前回iPhone3GSのバッテリーを自分で交換で書いていたように、バッテリーの減りが早いのは、何度か過放電を起こしたためだと思っていました。

ところが、前回の記事で追記でも書いたように、

http://okwave.jp/qa/q7445562.html
どうも、契約の切れたSIMを入れっぱなしにしていたせいで、電波を探しまくってバッテリーの消耗が激しかったようです。
とりあえずSIMを入れたまま1日様子を見ます。

という事が原因でした。

そのため、SIMを抜いて2日ほど様子を見てみたところ、12%ほどしか減っていませんでした。
(交換したバッテリーです。)

確実にSIMが原因だったので、わざわざバッテリー交換する必要無かったかもとおもうけど、まぁいい経験になったのよしとしよう。
3GSは購入してから2年半くらい経ってたし、多少はバッテリー性能が落ちていたと思うし。

にほんブログ村 パソコン・周辺機器

Pocket



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Captcha Captcha Reload