HOME > 家電・AV・カメラ > SIMフリースマホと格安SIM導入を検討中



SIMフリースマホと格安SIM導入を検討中

2015年1月9日 | カテゴリー: 家電・AV・カメラ | タグ : ,

Pocket

現在スマホはY!mobile(旧イーモバイル)のGL07S(STREAM X)という端末を使用しています。
残りの契約期間はあと半年ほど。

現在オプションサービス等を含め、月額約4,500円かかっています。

2年縛りなので4,500円×24ヶ月で108,000円かかることになります。
(契約直後や契約切れ間際とかの価格で実際は多少金額的に前後します。)

通話は全く使わないし、データの通信量も月500MBくらい(多くても1GB)しか使っていない状態。
上記くらいの使用量だったら半額以下で済むであろう格安SIMを導入して運用しても全く問題なさそうですし、またはY!mobileの他の端末に機種変という方法もあると思います。

ただ、他の大手キャリアにMNPすることだけは考えていないです。
なぜかというと、音声通話はほぼ使わないのに、定額の音声通話料金が発生して維持費が高くなってしまうためです。
おそらく、スマホの維持費は最低5,000円はかかるかと思います。(iPhoneだったら8,000円とか)
通話なんてほとんど使わないので無駄すぎる!

Y!mobileの他の端末に機種変する場合でも、最低2,980円(1GB)はかかります。

そうなると維持費が安く済む格安SIMがとても魅力的なんですよね。

あと半年くらいでGL07Sの2年縛りが終わるので、そのタイミングで格安SIMへ乗り換えようと思います。

格安SIMとSIMフリー端末のメリット・デメリット

格安SIMとSIMフリースマホ端末(安いやつ)のセットは安いというメリットがありますが、当然デメリットもあります。
思いついたものを簡単に書いてみます。

メリット

・導入時に端末代金やSIMの初期費用がかかるけど、維持費が安く済む。
・簡単に端末を変えられる。(SIMフリー端末じゃないと駄目だけど)
・好きなタイミングで解約できる。(音声付の場合は解除の料金が発生する)

デメリット

・初期設定が大変かもしれない。
・端末にトラブルが起きたときに自分で解決しなくてはいけない。(故障とか)
・キャリアメールが使えない。
・端末とSIMの組み合わせ次第では使えないこともある。

端末に求める条件

優先順位の高い方から書いていきます。

テザリングできる

(スマホを通じてゲーム機やノートパソコンなどをネットに接続できる)
これは絶対外せない条件です。
外出先でノートパソコンを使うことがあるので、これができないことにはどうしようもないです。

安い

高いよりは安い方がいいですよね。

LTE対応

3Gの速度でも大丈夫といえば大丈夫ですが、回線の速度が速い方がいいです。

性能がいい

もちろん性能が良い方がいいに決まっています。
ただ、最悪テザリングができれば、テザリングしてGL07SやiPhone4Sの方(どちらも契約が終わった状態)を使っちゃうという方法もあるので、性能はそんなに重視しないかな。
でも、そう考えると、wi-fiルーターでもいいような気もしてきた・・・
(結構前に使っていたイーモバイルのGP02がSIMフリーのwi-fiルーターなので、速度(LTE非対応)さえ気にしなければSIMだけ用意するだけでも大丈夫。)
まぁwi-fiルーターだとさらにGL07SやiPhone4Sも持ち歩かなくてはいけないので、素直にスマホにしておくのがよさげ。

SIMに求める条件

こちらも優先順位の高い方から書いていきます。

通信量は2GBは欲しい

現状500MBくらいしか使っていませんが、念のため少し多めにしておきたいところ。
1GBだと少し不安。

安い

高いよりは安い方が。

LTE対応

3Gの速度でも大丈夫といえば大丈夫ですが、回線の速度が速い方がいいです。

複数のプランがある

おそらくプラン変更はしないと思いますが、1つしかプランがないより複数のプランがある方がいいですよね。

音声通話

SMARTalkとか使っちゃえば音声通話なくても大丈夫ではあるんですよねぇ。
SMARTalkは月の維持費0円で通話料金も結構安いですし。

SIMの候補

格安SIMは探して見つけた分だけ載せようと思ったけど、厳選した本当の候補だけ載せました。
多分、BIC SIMの2GBのどれかにすると思います。

掲載した速度は最大受信速度だけで、送信の最大速度は送受信ほど速くないです。

表は多少間違っている可能性もありえるので念のためご自身でも確認してください。

BIC SIM

コース
受信速度
データ専用SIM
料金(税抜き)
データ+SMS
音声通話対応SIM
料金(税抜き)
2GB/月
150Mbps
900円
1,040円
1,600円
4GB/日
150Mbps
1,520円
1,660円
2,220円
7GB/月
150Mbps
2,560円
2,700円
3,260円

※初期費用は多分3,240円。
Wi2 300(公衆無線LAN。あまり利用可能なところがないみたいだけど。)が無料(普通に契約すると362円(税抜き)かかる)で使えるので、IIJmioよりBIC SIMの方が一応いい。
音声対応SIMの場合、12ヶ月目以内に解約する場合「(12ヶ月-利用月数)×1,000円」かかる。

b-mobileSIM高速定額

コース
受信速度
データ専用SIM
料金(税抜き)
音声通話対応SIM
料金(税抜き)
3GB/月
LTE対応
1,180円
1,980円
無制限/月LTE対応
1,980円
2,780円

※初期費用3,240円。
音声対応SIMの場合、開通日から4ヶ月以内に解約した場合、8,000円(税別)かかる。

http://www.bmobile.ne.jp/bmsim/index.html

端末の候補

BIC SIMとb-mobileSIMのどちらにしても、ドコモのMVNOなので、ドコモのLTE端末だったら使えるようです。
LTEでなければ選択肢が広いですが、LTE対応となると選択肢が狭まりますし、少し値段も高めかも。

アマゾンで安いLTE対応端末を探してみたところ、Ascend G6が安いですね。

BIC SIMも大丈夫でWi-Fiテザリングもちゃんとできるようです。
(BIC SIMのページでもマイクロSIM対応のスマートフォンとして載ってるし)

まとめ

現状だと半年後にASCEND G6とBIC SIMにすると思います。
まぁ半年経てば他の端末が増えているかもしれないので、端末は変わるかもしれませんが。
仮に、BIC SIMで2GBの音声付SIMにした場合、2年で考えると(縛りは1年だけど)1,600円×24ヶ月=38,400円です。
それに端末代が加わっても6万弱です。
データ用のSIMにした場合(縛りはないけど)は900円×24ヶ月=21,600円。
それに端末代が加わっても4万円くらい。
大手キャリアのスマホよりかなり安く済みそうです。
LTEにこだわらなければ、端末代(中古とかで)がもっと安く済むんですけどね。

自分でトラブルが解決できる、もしくはサポートしてくれる人が近くにいるのなら格安SIMとSIMフリースマホにして大丈夫だと思います。
または、ASCEND G6とBIC SIMの組み合わせをBICカメラで申し込むとか。そうすればその場で設定とかしてくれると思うし。

ちなみに、音声通話をそこそこ利用するなら、普通に大手キャリアのスマホを契約した方がいいです。
定額の音声通話はよく電話を利用する人にとってはとてもお得ですしね。
自分の場合は音声通話は全然使わないので格安SIMで十分です。

※追記
記事の下書きが終わった後で分かったのですが、どうやらiPhone4SをSIMフリー化して格安SIMを使う方法もある模様。
ただ、iPhone4Sだとテザリングができない!!
やはりSIMフリー端末を購入するしかないですね。

にほんブログ村 パソコン・周辺機器

Pocket



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Captcha Captcha Reload